« 家出少女 庄司とミキティが暴行騒ぎに! | トップページ | 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~続き »

家出少女 ~恵理 36歳 会社員~

~恵理 36歳 会社員~

本当に、もう、ゆるして…壊れちゃう…

「も、もう……だめよ、……卓ちゃん」
「卓ちゃんじゃないでしょう?卓也さん、って言いなさい」

ねぇ、ねぇ、とあえぎながら哀願したのは、小沢恵理。 36歳、独身だが、S商事の総務部の課長を務めている。
恵理に対し、高圧的な返事をしたのは、営業部の内山卓也、31歳。年下の暴君、というのか、否、この場合、実はセックスにおいて恵理がMだった、ということになるのだろう。

「……ねぇ……もう、無理よ……」
「無理じゃないでしょう?男と違って女には限界がないって聞いてますよ?」

むちゃくちゃなことを言いながら、卓也の手は、恵理のもっとも敏感な部分を今夜、初めて使ったラブグッズで責め続ける。

「あ、ああん……本当に、もう、ゆるして……壊れちゃう……」
すでに、卓也に2回、ラブグッズで3回立て続けにイカされて、恵理はたまらなくなって啼き声を上げた。
「許してください、卓也さまっ、て言えたら、コレ、抜いてあげますけど、本当は抜いてほしくないんでしょう?もっと、俺を欲しがっておねだりしなさい」

卓也に2回イカされて、その後、卓也自身が復活するまでは、と、バックからラブグッズで責め続けられているクリトリスは、真っ赤に充血して肥大していた。

「ふふ、この体位、俺も好きですよ。恵理さんの恥ずかしいところが全部見える。可愛いお尻の穴も、ほら」
「あ、や!嫌よ。そこは、いや、違う……の……」

おそらくそこも敏感なはずの、菊のつぼみを思わせる濃いローズ色の部分に、そっと指先を押し込んで、卓也は言った。「そこは、違うってそれじゃ、どこなんですか?イイところ、その口で、ちゃんと教えておねだりしてください」

そこ、ではわからない、と卓也が笑う。
いつからか、ベッドの中での主導権は恵理ではなく、卓也が握っていた。
清潔と整頓を好む恵理のベッドの糊の効いたシーツは、すでに卓也の放出したものと、恵理の愛液とでぐしゃぐしゃになっている。乳首もツンと硬く赤く立ち上がって、口では、いや、と言いながら恵理が感じているのは明らかだった。

「きれいだ。俺だけが見られる顔だ。もっと喘いで。もっと好い声、聞かせてください。俺、勉強熱心ですからね。もっともっとイイとこ探して、失神するくらいイジメてあげます。ねぇ、今までの彼氏って、こんなことしてくれました?」

ようやく口説き落とした年上の美人。恵理にも過去はあるだろう。でも今この時は、卓也だけの彼女だ。ストイックな顔を見せる恵理が、背後からのセックスを好むとは思いもよらなかったが、昼と夜とでまったく異なる顔を見せる彼女に、卓也は夢中だった。

|

« 家出少女 庄司とミキティが暴行騒ぎに! | トップページ | 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~続き »