« 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~ | トップページ | 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~続き… »

家出少女 ~恵理 36歳 会社員~続き

~恵理 36歳 会社員~

二人の恋の始まり

総務部の課長である恵理は、社内外での受けが非常によかった。ソフトな対応、女らしい気配り、そして完璧な仕事ぶり。

フレグランスは柑橘系。さわやかでスレンダー。いかにも仕事のデキる雰囲気の、細身のパンツスーツの似合う女性である。

誰もがプライベートの彼女の隣には、落ち着いた理想的な恋人がいるのだろうと想像していたが、彼女の恋人は、営業部の、やる気ばかりが空振りする5歳年下、食欲と性欲、元気だけが取柄のメガネの君(きみ)だった。

中途採用の入社時に掛けていたメガネがあまりにダサく、恵理が、つい、新しいメガネを見立ててやったことが始まりだった。恵理の目には、その時の興奮を隠せない卓也は、まるで散歩を期待するゴールデンレトリーバーのように映っていた。

思わず釣られて、ふっと、口元が緩んだ。

卓也は、そんな恵理の微笑にドキンと心臓を鷲掴みにされた。それが彼の恋の始まりだった。
あとは持ち前の根性と押しの一手で恵理を口説き続けた。年下の純朴な青年から毎日送信される、賛美の数々。ハートマーク付きのメールも見て、その時、フリーだった恵理は、押されるままに卓也と付き合い始めたのだ。

人が知れば、美女と野獣、どころか、美女と惰犬とでも悪口を言うのが疑いもない、あまりにも想定外のカップルだった。そのため恵理は卓也に厳命して、二人の関係を絶対の秘密にした。

続く…winkshine

|

« 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~ | トップページ | 家出少女 ~恵理 36歳 会社員~続き… »