« 家出少女 F-flower arrangementer 2 | トップページ | 家出少女 ラブホテルの二人2 »

家出少女 F-flower arrangementer 3

律子の身体がのけぞった

花芯

「恥ずかしがらないで。綺麗だよ…」

和服をつけたままの律子のそこは、
彼女の帯締めの色と同じ薄桃色だった。
ヘアをそっとかきわけて、指で開く。
悲鳴を上げて逃げようとする腰を片手でしっかりと抱く。

赤いつぼみのような花芯にそっと息を吹きかけると、
律子の身体がぴくんと反応した。

「こんなの、はじめて?」
「決まってるじゃない…お願い、もう許して…」

「まだまだ、これからもっと可愛がってあげるからね。腰を落として…」

そろそろと脚を開かせる。鼻先に触れた柔らかなヘア。
女体の香りにクラクラしながら、俺は律子の花に唇を寄せた。

「あっ…あああ…!」

崩れそうな腰を支え、今度は舌を繰り出して花びらを舐め上げる。
律子の感度のよい身体がぴくんと反応し、舌の動きにつられて腰が動く。

我慢しきれずに俺も裸になる。帯を解き、着物を脱ぎ捨てた彼女と肌身を
合わせると、また別の欲求が頭をもたげた。

嫌がる彼女をもう一度俺の顔にまたがらせる。
「勘弁してください…」
「まだまだだよ…」

今度は彼女の花びらを、舌でひらひらともてあそぶ。
届くか届かないかの距離で、うんと焦らす。

「いやあああ…」
羞恥に目をとじたままの律子の乳房が、身をよじるたびに揺れ動く。
すんなりくびれた腰が、舌の愛撫につれていやらしげに震えた。

「いい眺めだ…」
「ひどい人…」
「約束は約束だ。」

そうつぶやいて花びらの奥のつぼみを探りあて、
それを舌でなぶると、弾かれたように彼女が身をよじった。

「そろそろ、俺も限界だ。」
息を弾ませた律子のそこへ熱く膨らんだおのれをあてがい、
一気に彼女の腰を突き上げる。

「ああああっ…!」

律子を乗せたまま腰を回すようにゆっくり動かした。
律子の内部が俺を締め付ける。彼女の意思とは別に俺をしっかりと
くわえこみ、ちぎれそうだ。

やがて緩慢な動きに我慢しきれなくなった律子が身をよじると、
俺は待ってましたとばかりに腰を煽動させた。

激しく、リズミカルな動きに合わせて律子が声を上げる。
いつもの、押し殺したような秘めやかな喘ぎ。

柔らかく揺れる乳房の向こうに、快感に震える律子の白い顔が見える。
ほつれた髪にふちどられたそれは、とても美しかった。

「あっ、あっ、いや、いやあ…っ」
「おおおっ、そこ、すげえ、いいよ、律子、好きだ…」
「ああああああんっ!」

今までにない、ひときわ高い声とともに律子の身体がのけぞった。

彼女が果てると共に、俺の先端からも熱いものがほとばしった。
ぐったりとした彼女を抱き、俺は満足だった。

「こんな恥ずかしいこと、初めて。」
「また、やろうな。」
「駄目…いけない人」

「違うよ、イベントだ。こないだのは失敗のうちに入らないさ。
お客さんは満足して帰って行ったし、俺の顔も立った。心配するな。」

「知らなかった…」
「大丈夫だよ。次また頑張ろうな、律子。」

「ひどい、黙っているなんて。」
「そうでもしないと、律子のあそこは拝めなかった。おいしかったよ。」

「やめて…恥ずかしいわ。」
「今度は俺のも、口でして欲しい。駄目かい?」

「…いいわ。でも、明かりはもっと暗くして。約束はもう終わりよ。」
「ちぇっ、分かったよ…」

陽はまだまだ高く、知りはじめたばかりお互いの身体をむさぼる
恋人たちの周りを、時間はゆっくりと過ぎていった。

|

« 家出少女 F-flower arrangementer 2 | トップページ | 家出少女 ラブホテルの二人2 »