« 家出少女 蕩ける不倫① | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫3 »

家出少女 蕩ける不倫2

確かに素敵なバーでした。

目の前には東京のビルディングがキラキラと輝いていました。

「素敵・・・」

「いいだろ。ここに綺麗な人を連れて行きたかったんだ」

「西条さん・・・」

西条さんが褒めてくれるなんて、意外でうれしかった。

「由美はがんばってるよなぁ」

「ありがとうございます・・・」

突然肩に手をまわしてくる西条さん。

(えっどういうこと?)

驚きましたが、肩から伝わる熱に私はドキドキしてしまいました。

「会社ってさぁ、いろいろあるよなぁ」

一生懸命、話してくれる西条さんですが、私は熱い方の手が気になって仕方ありません。

「はい・・・」

そういいながら、身体が火照っていきます。

ふと、西条さんの手が伸びました。

私の乳房に手が届いたのです。優しく乳首を服の上から撫でながら

話をつづけます。私は手を振り払うこともできず、ただただ感じてしまいました。

でも話は会社の話。

身体はジンジンと西条さんを求めていましたが、頭の中で、

西条さんには家族がいる、、何やってるの?

と悶々としていました。

|

« 家出少女 蕩ける不倫① | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫3 »