« 家出少女 蕩ける不倫3 | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫5 »

家出少女 蕩ける不倫4

そして次の週、待ちに待ったメール音が鳴ります。

「遅くなっちゃったけど、今から出てこれない?」

私は実は家に着いていたのですが、

「はい!もちろんです♪」

早速、こじんまりとしたバーで待ち合わせました。

「いや、またこうやって二人で飲めるとは夢にもおもわなかったよ。
 すっかり嫌われたもんだと思ってた」

「そんなことないんです。ただ・・・」

「そーだよな・・・」

お互い壁があることには気づいていましたが、あえてそこには
触れませんでした。

一杯のカクテルを片手に持ちながら、沈黙が続きました。
ふと西条さんが、

「由美ちゃん、カラオケ好き?」

と聞きました。

「はい」

二人きりになれるところならどこでもよかった。
私たちはカラオケボックスに場所を移しました。

「ごゆっくりどうぞ!」

カラオケのお姉さんが部屋を出て行きました。

「曲入れよう、曲・・・」

西条さんは何か番号をいれていました。
私の身体は、ジンジンと熱くなっています。

前奏が流れ、字幕が出てきましたが、西条さんは歌いだしません。

次の瞬間、私は唇を奪われました。

舌と舌がからみあう、濃厚なキス。
唾液があふれ、流れてしまうほどでした。

「由美を抱きたい」

「うん」

私はこくんとうなずきました。

「でもここでは無理でしょ」

|

« 家出少女 蕩ける不倫3 | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫5 »