« 家出少女 蕩ける不倫5 | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫7 »

家出少女 蕩ける不倫6

西条さんは、突然ベッドの上に枕を置き始めた。

私をその上に乗せると、両手で股を大きく開いた。

「いや、恥ずかしいです」

「綺麗だよ」

そういうと、右手で私の花びらをいじり始めました。

「すっごい濡れてるね、いやらしいんだね」

まるで観察するように、一枚一枚花びらを開いていきます。
私は触れられるたびに、感じてしまい愛液が
あふれでるのが自分でもわかりました。

次の瞬間、西条さんは顔を私の花びらに思いっきり
近づけました。

ふぅぅ・・・

息をふきかけながら、両手で私の花びらを完全に開き、
熱い空気を送り込みます。

「あぁ、、困ります。そんな・・・」

「ああ、食べるのが惜しくなってね」

西条さんは、触るか触らないかくらいのソフトなタッチで
私の入り口を行ったり来たりします。

「たまらない・・・」

ぬぅ・・・

西条さんの舌が、私のおま○こを直撃しました。

ぴちゃぴちゃといやらしい音をたてながら、
少し強い刺激を与えてくるのです。

私は電気が走ったようでした。

「ぁぁ、はぁ、あん、、あああぁ」

声が抑えきれません。

「西条さん、いい、気持ちいい、、、」

|

« 家出少女 蕩ける不倫5 | トップページ | 家出少女 蕩ける不倫7 »