« 家出少女 蕩ける不倫6 | トップページ | 家出少女 旅行中の調教 1 »

家出少女 蕩ける不倫7

「じゅじゅじゅ・・べろべろべろ・・」

西条さんは、卑猥な音をたてながら、舌と唇と鼻を使って時には優しく、

 
時には荒々しく舐め続けるのです。

「ああ・いいく・あぁ・・」

「入れてあげるよ」

放心状態の私を正面から抱き抱える格好で、そのままベッドに腰掛けます。

そして、膝の上に私を跨がせる格好で対面座位の体位を採ると

突然西条さんが入ってきました。

「ああっははんんん・・・」

私は、大きく後に仰け反っってしまいました。

「ああ、奥まで入ってるね」

ゆっくりと腰を使い始めます。

お尻を両手で抱え込み、ゆっくりと回転運動を加えるSさん。

私は、さりげなくクリ○リスがあたって気持ちがよくてたまらなかった。

西条さんはさらに、私の胸をまさぐると乳首に吸い付く。

「ああ・・いい・・吸って・・もっと強くすって・・」

思わず、叫んでしまいました。

そして、正常位。

西条さんは一気に激しいピストン。

「ああ・・い・いくぅ・・・」

私は、一気に上り詰めていく。

もう、頭は真っ白。快感だけが残ってしまいました。

西条さんは、ぎゅっと抱きしめて何度も

「ありがとう」って言ってくれました。

これが、不倫のはじまり・・・

(完)

|

« 家出少女 蕩ける不倫6 | トップページ | 家出少女 旅行中の調教 1 »